GW後半戦!パッティング技術向上に関する3つのコツ

こんにちは!佐田です。

じつはこの前に1つ記事を書いていたのですが、トラブルで完全に消えてしまい、同じ内容を書く気になれなかったので、違う記事にしてみました。

さて、今回はパッティングです。パッティング技術、といいながら実は私は昔からパットが大の苦手でした。というのも、ご存知の方も多いと思いますが、私、超運動オンチでして。例えば、距離感とかイメージとかはからっきし。それなのに感覚でパッティングをしていたので、かなりのミスを連発しておりました。

そこで、私と同じようにいわゆる「ノーカン」な方がパッティング技術を身につけるための3つのコツをこっそりお教えしちゃいますね。あ、運動神経バツグンな人には合わないかもしれませんのであしからず笑

1、とりあえず芯で打つために

ノーカンの人は、まず絶対的に芯で打てません。私も学生時代はしょっちゅう芯を外しておりました。そこで私は色々な人のパッティングを見て研究し「自分だったらどうやってできるのか?」を考えたのです。時に試合の時に「ごめん、ちょっと打ってるの見せて!」と凝視したこともありました。きっと気持ち悪い選手だったでしょうね笑

そんなこんなでようやくで発見したのが「手首」でした。ノーカンパットは打つ時に手首を返していることが多いのです。特に利き手である右(左利きの人は左)手首を返していること圧倒的に多いです。そこで特に右手首を返さないようにパッティングすることで距離感のミスを減らす事ができるのです。

ボールを打つ練習よりも、素振りを多く練習してあげると、手首の動きの矯正がしやすいようです。

2、インパクトの強さが変わらないように

次に、インパクトの強さです。ついついインパクトの瞬間に強くなったり、弱くなったり。そういう時に極端な「ノーカン」となってしまうんですよね。私も数々の失敗を思い出します、はい。まず、そもそもこういうことが起こってしまう根本的な原因はメンタルだったりします。緊張や焦りでインパクトの強さは簡単に変わってしまいます。そもそも運動神経に乏しい私のような人は、微妙な強弱を調整するのがとっても苦手です。

そこで、インパクトの強さを決めるトレーニングを行う必要がありますね。それが、右手片手でのパッティングです。右手でパターを操作するクセをつけるとインパクトが強くなりにくいのです。丁寧に右手でストロークすると力が変に入りにくく、インパクトの強さが安定しやすくなるのです。私も過去にYouTube動画でご紹介しているので、そちらで是非ご覧ください。



3、距離を振り幅で合わせる

そして最後に具体的な距離合わせです。正直パッティングはここが要になります。パッティングは「強さ」で合わせるパターンと「振り幅」で合わせるパターンがあります。ある程度運動神経に自信のある方は強さで合わせるパターンをオススメします。せっかく自らが持っている感覚やセンスを活かさない手はありませんよね。とはいえ、運動神経に自信がない場合、これはもう振り幅で、ある種機械的に合わせることをお勧めします。

一番簡単な方法は、自分のスタンス幅を決め(基本は肩幅がいいと思います)、その幅を基準に振り幅を決定していきます。そして、その振り幅と距離を関連付けて覚えていけば、自然と距離が合うようになるはずです。具体的な方法については、こちらもYouTubeで公開していますので、こちらをご覧ください。

と、いうわけで後半は自分のYouTube動画での解説となってしまいましたが、パッティングはゲームの要。非常に重要なので、是非このGW、ゴルフに行かれる方はパッティングを重点的に磨いてみてくださいね!