ゴルフクラブを扱う

こんにちは!佐田です。

私は長年ゴルフレッスンに携わって参りましたが、その中でたくさんの失敗をし、勘違いをし、そして発見もしてきました。
そんな中の一つに、ゴルフクラブを扱うこと、というものがあります。ゴルフクラブを扱う…一体どういうことでしょうか?

そもそも、ゴルフというスポーツは、ゴルフクラブを上手く扱ってボールを打たなくてはいけません。スイングは、ゴルフクラブを的確に操作する為の方法論である、と言えます。

スイングを論じる時に、身体動作とクラブの操作を分けて論じる場合がありますが、これはあまりいい方法とは言えません。相互に関係し合っているわけですから、両方を意識したスイング論であるべきです。

また、ゴルフクラブを違う道具で置き換えて論じる場合があります。確かに、ゴルフクラブという特殊なツールを理解するために比較的身近なツールに置き換えて論じることは、納得感に繋がります。

しかし一方で、納得感と理解度は一致しないのが事実です。ゴルフコーチは、指導を生業としていますから、相手に納得してもらえなければ商売になりません。とはいえ、置き換えの論法には誤解も生まれやすく、結果として上達を遅らせる場合もあります。

ゴルフクラブ固有の特殊性を踏まえ、きちんとクラブとして使い方を理解する事で上達スピードは早まる、というのが私の経験から言えることです。

 

クラブの扱い方についてはもう少し述べておきたいところですが、ちょうどキリもいいのでこのあたりで。次回は続きを書きたいと思います。

☆当ブログの広告収入は、サークル活動に充てられます。




ダウンブローを見直す

こんにちは!佐田です。

タイトルの通り、今回はダウンブローのお話です。前回の体重移動のお話で、ちょっぴりダウンブローについて触れましたが、少し深掘りをしてみたいと思います。

ダウンブローとは?

ダウンブローは、一般的にアイアンショットの理想的なボールコンタクト法とされています。ヘッドが、最下点を迎える少し前にボールに当たるような状態を指します。

そのメリットは?

ダウンブローのメリットはまず『ダフりが少ない』という点です。地面より先にボールコンタクトが起こるので、ダフりにくい、というわけです。もうひとつのメリットは『スピン量』です。基本的にダウンブローで打つと若干ヘッドとボールの接地時間が伸びますので、スピン量は増えるのです。

ダウンブローは良いの?

まず結論から申し上げますと、ダウンブローは殆どのゴルファーに必要ではない、と申し上げておきましょう。

それは、前述したメリットが活かせないからです。まず、ダフりにくい、というメリットですが、最近の一般ゴルファー向けアイアンはソールやバンスのテクノロジーでかなりダフりにくくなっています。ダウンブローでも、そうでなくても、ダフるリスクに大きな差が無くなっているのが実態です。

次にスピン量ですが、こちらも最近のボールは全体的にスピンが効きにくくなっています。というより、打ち方によるスピン量の差が少なくなった、と言えます。スピンは、ボールを止める為の要素ですが、スピン量の差が少なくなった分、ボールを止めるためには高い球を打つ必要が出てきました。ダウンブローは、どうしても打ち出し角度が低くなるので、むしろマイナスになる場合もあります。

ダウンブローの適合性

そんな訳で、ダウンブローに対して否定的な意見を述べましたが、全てダウンブローが不要というわけではなく、ダウンブローをした方がいいゴルファーもいます。

マッスルバックユーザー
スピン系ボールユーザー
ダウンブローという響きが好き笑

三つ目は半分冗談ですが、かなり長い間、ダウンブローは上級者の証として君臨しておりましたので、目指すことは全く否定しません。ただ、スコアアップに繋がる保証はありませんので、悪しからず…。

 

☆このブログの収益は、サークル活動に活用されます。