日本一簡単なゴルフルール解説003「クラブのデザイン」

こんにちは!佐田です。

今回はクラブのデザインに関するルールです。実は結構色々なルールや制約があるのですが意外と知らないのがクラブのデザインです。基本的に市販されているクラブはこのルールに則って製作されているので知らなくて問題はありません。とはいえ、クラブのルールを知ることで、そのクラブの意図や何故そのようなデザインになったのかが分かるようになります。また新しいゴルフの楽しみ方が増えるのではないかと思います!

1、クラブの重量について

クラブ重量は調整ができるデザインが認められています。ただし、その調整には次のルールが適応されます。

①簡単に調整ができないこと。
②ラウンド中にゆるんで外れたりしないこと。
③調整後のクラブがルール通りであること。

レンチを使ったウェイト交換機構については、この条件を満たしていますね。

2、クラブの長さ

クラブの長さにも制約があります。クラブはまず、18インチ以上の長さが必要です。この下限は全てのクラブに適用されます。そして48インチ以内にしなくてはなりません。しかし、パターだけはこの限りではありません。

3、シャフトについて

シャフトに関するルールもいくつかあります。そこで一つご紹介しておくと、シャフトのたわみとねじれは均等でないといけません。つまり、左右どちらにねじっても同じだけねじれるシャフトでないといけません。このことから、シャフトに関しては右用左用といった区分けは存在しないことがわかります。

4、グリップのルール

グリップは、まず、切断面(グリップを輪切りにした場合)が円でないといけません。ただし、パターグリップはその限りではありません。また、グリップにくびれや膨らみがあると違反となります。つまり、グリップが摩耗して明らかにへこんだグリップは違反となる場合がありますので、気を付けましょう。

 

いかがでしょうか?このように多くのルールがクラブには存在します。気づいたらまずはご自分のクラブを見てみて、上記のルールを確認してみるのも面白いかもしれませんね。



本当は知らないグリップのこと

こんにちは!佐田です。

突然ですが、皆さんはどんなグリップをしてますか?
グリップは人それぞれ、ですが、グリップにもきっと大切な事があるはずですし、上級者ほどグリップを重視しているように感じます。そこで今回はグリップについて深掘りしてみたいと思います。

グリップの基本

グリップは、大抵の場合、オーバーラッピンググリップ、インターロッキンググリップ、ベースボールグリップの3種類とされています。

どれを選択するかは自由です。ただ、スクールでの指導を見ていると、ベースボールグリップはあまり勧められない傾向にあります。

選ぶ基準は?

さて、ここで問題となるのが、このグリップ選択をどんな基準で行なっているか、という点です。
実態としては、コーチがオススメのグリップ(大抵自分と同じグリップです)を指導するか、いくつか試してみてしっくりくるものを選ばせたりします。

しかし、初心者がそもそも初めてやる握り方でしっくりくるはずもなく、結局コーチが決めることになります。

ところが、グリップ選択に、実際のところ合理的な決定基準はなく、その中でグリップを選んでいるのです。

さて、どうすべきか?

そこで、特に初心者の方がこれから始める際にグリップをどうするかについては、もう少し合理的な決め方をする必要があります。

そこで提案したいのが『ヘッドコントロールテスト』です。グリップを作って、フェースを素早く動かしたり、コーチがヘッドを引っ張ったり押したりして、一番スムーズに動かせて、かつグリップがズレないグリップ、これがベストなグリップという考え方です。

ゴルフにおいて大切なのは何度も言いますがクラブヘッドのコントロールです。そこから考えれば、ヘッドコントロールが一番しやすいグリップが、最適なグリップ、と言えるはずです。

 

結局答えになっていないようですが、大事なのは先入観や慣例をいかに捨て去るか、ということ。ヘッドのコントロールを念頭に考えれば、おのずと答えは出るはずなのです。もしかしたら、この世に存在しないようなグリップが最適、ということもあるかもしれませんしね。

 

☆ブログの広告収入はサークル活動費用に充てられます。