片山晋呉選手プロアマ問題について

こんにちは!佐田です。

今回は現在ワイドショーでも取り上げられている、片山晋呉選手のプロアマ問題について、少々私の見解を述べていきたいと思います。本当の問題は何なのか?しっかりと考えていかないといけないかな、と私は思います。

さて、とりあえず今回の問題の顛末、といっても報道レベルですが、その点を確認しましょう。先のトーナメント開催前日のプロアマ戦で、片山選手が

「ポケットに手を入れたまま会話していた」
「お客さんのライン読みをせず自分の練習を優先した」

ことで、同伴競技者が怒って3ホールで棄権した、という内容です。このことを表面上で見ると、片山選手の態度が悪く、お客様に怒られた、といったような内容です。このことで片山選手への非難も多く聞かれます。

もちろん、片山選手のプレー態度が良かったとは言えないかもしれません。しかし一方で怒って帰ってしまったお客様にとって「プロアマ=接待ゴルフ」という前提があるからこそ、このような事態に発展したのではないだろうかとも思います。

プロアマ戦が接待ゴルフでなければ、例えばプロが自分の練習を優先したとしても「明日から頑張って!」と思えるはずです。ではなぜプロアマ戦が接待ゴルフとなってしまうのか・・・。

 

それは、トーナメントの収支構造にあります。トーナメント運営の主な収益はスポンサー料です。スポンサー料が大部分を占める現在のトーナメントでは、スポンサーがつくかどうかが死活問題となります。プロアマ戦は、そんな大事なお客様をおもてなしする場となってしまうのです。

 

ゴルフトーナメントは、この件をきっかけに収支構造の改善を行い、選手を守ることを推進すべきだと思います。今のゴルフトーナメントの「お客様」は来場者やテレビ視聴者ではなく、スポンサーです。スポンサー収入に頼らずとも、チケット売上、放映権料、ライセンス収入、事業収入などで十分運営がしていけるような体制を作り、スポンサー企業とトーナメント機構が対等な立場となれるようにすべきではないでしょうか。また、そうすることで、本当の意味での「ファンサービス」を選手に課すことができるのではないか、と私は期待しています。

 

そのためにも、至急トーナメント機構やPGAの重役にゴルフに通じた「ビジネスマン」を迎え入れ、本当の改革を断行して頂きたい、私はそう思います。

ゴルフマッチプレーにおけるズルい技

こんにちは!佐田です。

みなさんは、マッチプレー形式の競技をやったことがありますか?実は私は学生時代の多くの大会がマッチプレー形式でした。マッチプレーとは、ホール毎に勝敗を決するゲーム方式です。スコアを比べ、勝てば1ポイント、という形でスコアは問いません。最後の最後まで勝負が分からない、スリリングさが特徴のゲーム方式なのです。

そんなマッチプレーは、人対人の競技です。ですので、ストロークプレー以上にメンタルの影響が大きいですし、同時に相手に対する「仕掛け」も発生します。これは一見すると、ズルい行為です。しかし、特に相手が自分よりも格上の時はこうした「仕掛け」を多用して、実力差をひっくり返せるように挑むのです。

そこで今回は私がマッチプレーで実際に遭遇したり、使った「技」をいくつかご紹介しようと思います。ただし、これらの技は普段のプレーで決して行わないでください。あなたの信用が一気に失墜する危険性があります。

①風の魔術

これは、パー3のティーショットで使います。この技を使う場合、条件としてオナーであることが求められます。例えば、このホールが7番アイアンでちょうどいい距離だったとします。そこで8番アイアンを使って、わざとショートさせるのです。その結果を見送って「あれ?7番でちょうどいいと思ったのに、風か?」とつぶやくのです。すると、相手はそれに影響を受け大きい番手でショットしオーバーしてしまうのです。大抵奥のほうが難しくなっていますので、手前から攻める自分と、奥から攻める相手とで差が出るのです。

②アプローチの錯覚

これは、自分も相手も同じような距離のアプローチを残し、かつ自分が先に打つ状況の時に使う技です。アプローチの際に、ややスライス回転をかけるべく、カットの打ちます。こうすると、本来のグリーンの曲がりよりも右に大きく曲がるので、相手は左に外してしまうのです。特にアプローチが得意な相手には効果的で、ここから調子が狂う場合もあるので、非常に危険な技でもあります。

③オナーのリズム

これは、相手よりも自分の方が飛距離が出る場合に使います。基本的に自分の方が飛距離が出れば、セカンドショットは基本的に先に打つことになります。しかし、最初は敢えて短い番手を持つなどして、自分が先に打つ状況を2~3ホール作ります。そしてその後ティーショットでドライバーを使い、セカンドの順番を入れ替えるのです。すると、相手はこれまで後から打つ為、そのショットを参考にできていたのに、参考にするものが無くなるので迷いが生じます。それにより相手を揺さぶるのです。

 

他にもいろいろな小技が存在するのですが・・・。あまり書くときっと多くの方は引いてしまうと思うので(冗談です)、今回はこのくらいに。とはいえ、ある程度ショットのスキルがあってこその小技ですので、そのあたりはご了承ください。



2017年も・・・

こんにちは!佐田です。

今年も本当にいろいろなことがありましたが、ついに今日が最終日です。私は、ゴルフ業界に携わる人間として今年も様々なシーンを目撃してまいりました。そこで、私が個人的に印象深かった出来事を勝手にご紹介していこうと思います。

 

1、松山英樹選手全米プロで涙

これは私の中で今年最も胸を熱くしたシーンでもあります。松山選手は首位のJ・トーマス選手に必死に食らいつきながら、最終的には5位でのフィニッシュでした。ただ、トーマス選手も初メジャーの重圧でミスショットを繰り返す中、その場面においても非常にいいショットを続けていた松山選手に可能性を強く感じたのです。その後のいんたびゅーで、インタビューを担当した某プロに批判が集まりましたが、涙ながらに語り、次を見据える松山選手の姿には多くの人が感動を覚えたのではないでしょうか?

2、アディダス、テーラーメイドを売却

これも業界としては大変ショッキングな出来事でした。テーラーメイドと言えば、ゴルフ業界を代表する有名なブランドです。そのブランドをアディダスが手放すということで、ゴルフ業界全体に対する危機感のようなものがささやかれたニュースでもありました。結局テーラーメイドはKPS(アメリカの投資会社)が購入し、今も引き続き素晴らしいゴルフギアを提供し続けいています。

3、ゴルフスタジアム問題

ゴルフに関する内容でお昼のワイドショーまでにぎわせたニュースは、近年なかったのではないでしょうか。この問題はゴルフスタジアムという会社が、無料HPを作成する代わりにローンで高額なゴルフレッスンソフトを購入させ、その代金をHPの広告収入で相殺するというビジネススキームを提供していたものですが、広告収入が減ってしまい十分な払い戻しができず、結果ローンが払えないレッスンプロなどが発生した、という事件です。実は当時私がHP作成代行ビジネスを考えていたのですが、この事件で断念したのは言うまでもありません(笑)

4、レジャー白書で衝撃の発表

今年レジャー白書が公表され、ゴルフに関するデータも公表されました。それによると、2016年度のゴルフ人口ななんと550万人。前年から200万人も減少した、というのです。この衝撃的なデータで、さらにゴルフ業界の先行きを不安視する声も上がっており、業界全体で対策を求められる事態となっています。ただ、一部ではこの数字の見方そのものについて疑問の声もあるため、データを多角的に分析し判断をする必要もありそうですね。

5、エスティバンゴルフ旋風

JPDA(日本プロドラコン協会)の幹部が中心となって設立されたエスティバンゴルフ社より、超飛距離系ドライバー「エスティバン」が発売されたも記憶に新しいところです。クラウンの独特の形状と軽量&超柔シャフトで飛距離性能にトコトン特化したドライバーです。一部のマニアの間ではもう当たり前になっているドライバーですが、来年はオリジナルボールも登場するとのことで、これからまだまだ目が離せないですね!

というわけで、私が気になった5つのニュースをご紹介いたしました!それではみなさま、良いお年をお迎えください!!

 

☆当ブログの広告収入は、サークルの活動に充てられます。




実践が全て

こんにちは!佐田です。

最近GOLFPORTのドラコン部では、色々な試みをしております。前回、ゼクシオXドライバーを試打した模様をyoutube動画でアップしたのは記憶に新しいことかと思います。

私はゴルフだけでなくいくつかのビジネスを経験して、それら全てで大事な事は『実践』であると思うのです。

どんな素晴らしい事を思いついても、それを実践し、形にしなければ何にもなりません。Google創業者のラリー・ペイジ氏の『アイデアに価値はない』という言葉の真意も、そこにあると私は思います。

少し噛み砕いて言うと、いくら素晴らしいアイデアを持っていても、それを実践したり形にしない限り価値は無い、という事です。つまり、頭にある状態では意味がないのです。

とはいえ、アイデアを形にするのはエネルギーが必要です。私はyoutube動画を数多く制作してきましたが、一本作るのに、とてもエネルギーを消費します。なので、大概いいアイデアが浮かんでも、形にしない事がほとんどなのです。

そのエネルギーを使えるか。
それが一番重要だと思うのです。

 

☆このブログの広告収入は、サークル活動に充てられます。



ゴルフクラブを扱う

こんにちは!佐田です。

私は長年ゴルフレッスンに携わって参りましたが、その中でたくさんの失敗をし、勘違いをし、そして発見もしてきました。
そんな中の一つに、ゴルフクラブを扱うこと、というものがあります。ゴルフクラブを扱う…一体どういうことでしょうか?

そもそも、ゴルフというスポーツは、ゴルフクラブを上手く扱ってボールを打たなくてはいけません。スイングは、ゴルフクラブを的確に操作する為の方法論である、と言えます。

スイングを論じる時に、身体動作とクラブの操作を分けて論じる場合がありますが、これはあまりいい方法とは言えません。相互に関係し合っているわけですから、両方を意識したスイング論であるべきです。

また、ゴルフクラブを違う道具で置き換えて論じる場合があります。確かに、ゴルフクラブという特殊なツールを理解するために比較的身近なツールに置き換えて論じることは、納得感に繋がります。

しかし一方で、納得感と理解度は一致しないのが事実です。ゴルフコーチは、指導を生業としていますから、相手に納得してもらえなければ商売になりません。とはいえ、置き換えの論法には誤解も生まれやすく、結果として上達を遅らせる場合もあります。

ゴルフクラブ固有の特殊性を踏まえ、きちんとクラブとして使い方を理解する事で上達スピードは早まる、というのが私の経験から言えることです。

 

クラブの扱い方についてはもう少し述べておきたいところですが、ちょうどキリもいいのでこのあたりで。次回は続きを書きたいと思います。

☆当ブログの広告収入は、サークル活動に充てられます。




ゴルフコースの平等について考える。

こんにちは!佐田です。

女性ゴルファーの方は、ゴルフコースの距離が長いと感じませんか?物理的に2オンしない、という方を多く見かけます。これは、ゴルフコースのレディースティーの距離が、女性ゴルファーの飛距離とミスマッチしているからです。
かつては、男性優位なゴルフの世界で、男のプライドを守る意味合いもあったかもしれません。しかし、もう時代は違います。ティーグラウンドはもっと飛距離に則した設定が求められます。そこで、今回は実際のゴルフコースを例に、飛距離別適切ティー位置を考えてみたいと思います。

実態を見てみる

それでは実際のゴルフコースのティーを見てみましょう。埼玉県某コースの、パー4をいくつか挙げてみます。

レギュラー 392y
レディース 272y

レギュラー 356y
レディース 312y

レギュラー 342y
レディース 285y

ティー位置設定の、根拠がイマイチ分かりませんね。1つめのホールはレギュラーとレディースで120ヤードも違うのに、他は40ヤード、60ヤードの差となっています。

さらに使用クラブの観点でも考えてみます。男性のドライバー平均飛距離を200ヤードと仮定します。女性は140ヤードと考えましょう。すると、1つ目のホールはそれぞれドライバーでその距離を打ったとして、セカンドでほぼドライバーの距離と同等、やや短い距離が残るので、フェアと言えます。

しかし、2つ目のホールなどは、レディースだけ明らかに長い設定なのは明白ですよね。3つ目のホールも同様です。

レディースだけ、完全に長い設定なのです。使用クラブを考えれば、いかにレディースが不利かお分かりいただけるでしょう。

本当に不利なのか?

一方で批判的にも考えてみます。確かにレディースの距離は不利にできている。しかし一方で、飛距離が出ないメリットもあるのではないでしょうか。

つまり、飛ばないと言うことは、左右に曲げてもOBになるリスクが少ないという事です。その分スコアには良い影響があるわけで、そこを加味してやや距離を長くするのは当然と言えるわけです。

OBって、どれくらい出るの?

では、OBは平均して、どれくらい出るのでしょう。きちんとしたデータではありませんが、GDOがスコア管理アプリのデータ分析をした際、平均スコアが100以上のゴルファーで、OB発生率が5.6%と公表しています。これは、1ラウンドで約1回の頻度です。もちろん、スコア管理アプリを使わないゴルファーもたくさんいますから、一部のデータではありますが、全体としてスコアに与える影響は大きくないと考えて良さそうです。

理想のティー位置設定

そこで、最後に理想のティー位置について考えてみます。ティー位置はこのような決め方が理想でははないでしょうか?

飛距離差を基準に考えます。男性のドライバー平均200ヤードに対して、女性のドライバー平均140ヤードと仮定しますと、男性の70%の距離が女性の基準距離になります。

例えばレギュラーティーが350ヤードなら、レディースティーは70%の245ヤードになります。この距離設定を基準に、コースの難易度に応じた対応(例えば、ティー位置が近いことで明らかに有利となる場合はやや遠く設定する等)をすればいいのではないでしょうか。なので、レギュラーティーと比べ、70~75%の距離差があるレディースティーが適正と考えるべきでしょう。

そこで、埼玉県内のコースを10コースランダムに選出し、この適正値にどれくらい収まっているのか調査してみました(パー4のみ)。すると・・・

15.6%

これが、適正内に距離差があるミドルホールの割合です。適正外のホールはほとんどの場合、レギュラーとレディースの距離差が少ないホールでした。

こう考えると、やはり女性にとって難易度が高く設定されている現状はあるのかもしれませんね。

 

☆当ブログの広告収入は、サークル活動に充てられます。




仮想通貨でゴルフ代を稼いでみる

こんにちは!佐田です。

今回はまた刺激的なテーマを提示しました。皆さま、仮想通貨という言葉はご存知だと思います。しかし、実際に保有している方は少ないのではないでしょうか?

私は今回、敢えてそこに切り込んでみようと思います。仮想通貨というとまだまだ胡散臭いイメージがありますよね。私もそうでした。だからこそやってみようと思います。

そして、仮想通貨でゴルフ代を稼ぐことはできるのか?そちらも検証してみようと思います。もし、月に1万くらい稼げるポテンシャルがあれば、世のサラリーマンゴルファーにはかなり有益な情報となるのではないでしょうか?

では、早速見ていきましょう。まず、仮想通貨の取引をするために『ウォレット』を作ります。ウォレットとは文字通り、仮想通貨のお財布です。基本ウォレットアプリを利用して、仮想通貨の取引をします。

今回は、coincheckというアプリを利用します。比較検討すればもっといいウォレットがあるかも知れませんが、とりあえず使いやすかったので、こちらで。

さて、ダウンロードしたら、会員登録をします。ログイン完了したら、まずは本人確認をしましょう。住所と身分証の写真を送信すれば準備完了です。数日後にハガキが届きますので、ハガキの内容に沿って登録すれば、取引ができるようになります。

多少面倒ですが、ちゃんと面倒な手続きを要求するサービスの方が安全であるのは確かでしょう。

取引ができるようになったら、日本円を入金します。クレカでも買えますが、手数料もあるので、銀行振込がいいでしょう。ちなみに私は楽天銀行の口座(ネットバンク)があるので、振込手数料も安く済んでます。

さて、入金が終わったら早速買う銘柄を選びます。仮想通貨はたくさんの種類があり、値段も値動きも様々です。一番有名なビットコインですが、最近1ビットが100万円を超え、まだまだ伸びています。中長期ならビットコインを持つのは賢い選択だと言えます。

とりあえず今回は、イーサリアムクラシックという仮想通貨を選択しました。これからの伸びが期待される銘柄です。また、一方でオーガーという銘柄も買います。こちらは比較新しい銘柄で、長期的な高騰も見据えます。

で、今回は2万円を投じます。1万円ずつ購入しますが、それぞれ大体500円ずつくらい手数料がかかりますので注意が必要です。

で、3日ほど寝かせた結果がこちら。

…4000円以上の利益が出ました。なかなかの利回りになりましたね。今回はイーサリアムクラシックの高騰のタイミングが良く、かなり利益が出た印象です。オーガーはあまり変わりませんでした。

という事で、こんな感じで運用できれば、ゴルフ代を稼いぐのは全く無理じゃない、という結果になりました。

ただし、これは投資です。特に仮想通貨は値動きが激しく、短期的な投資は特に危険だと言えます。今回は3日で利益がかなりでましたが、タイミングよく高騰したのが要因です。

必ず利益が出るものではありませんので、投資をされる方は十分注意し、余裕資金でされることを強くお勧めいたします。

 

P.S.
この直後、仮想通貨全体が急落し、結局トントンくらいに戻りました。やはりタイミングが重要ですね。

ゴルフにみる「デキるビジネスパーソンの話」

こんにちは!佐田です。

最近よく、ビジネスで関係のある方とよくラウンドに出かけます。ゴルフプレーが人柄を表現する、とはよく言ったもので、やはり一日一緒にいると相手のパーソナリティがよく分かるものです。

その中で、『この人はスゴい』と思わず唸る方もいらっしゃいました。往々にしてこのような方はビジネスにおいてもリーダー的存在なのです。そこで今回は、そんな優れたビジネスパーソンとラウンドした時のエピソードをご紹介しようと思います。

ある冬の寒い日、私は父と、父の大学の同期生という方とラウンドに出ました。その方は、とある企業の役員をされていました。

その日は気持ちいいほどの晴れ空でしたが、千葉の海岸部のコースらしい、激しい海風が強烈に吹く日でした。その風は台風並みで、まともにアドレスすら取れないような記憶が残っています。

そんな中スタートしたゴルフ。少しでも曲がるものなら、曲がり幅は倍に。アゲインストでは、30ヤード以上押し戻されるような状況でした。そんなコンディションに父の表情はみるみる曇り、口数も少なくなりました。

私もショット毎に辛い気持ちになり、時折弱音を吐いていました。

一方その方は、スタート時以上に目を輝かせ、楽しそうにプレーしていました。球は風に弄ばれ、厳しいゴルフには間違いないのに、何故か楽しそうなのです。

『どうして、この状況を楽しめるの?』

私のそんな表情を察したのか、小声で私にこう言ったのです。

『敦則くん、こんな滅多にない強風、攻略できたら嬉しいよね』

私は、ハッとしました。その方は、こんな途方もない風を攻略する事を前提にゴルフをしていたのです。あの時受けた衝撃は今でもありありと覚えています。

ビジネスでもゴルフでも同じことが言えます。「無理だ」という前提から何かに挑戦すると、それがバリアとなり、達成することは限りなく困難となることでしょう。逆に、「達成できる」という前提から何かに挑戦すると、現実的に達成するための方法や手段を真剣に考えます。例え、すぐに成功しなくても、この繰り返しによって必ず成功までのスパイラルを辿ることでしょう。

 

☆当ブログの広告収入は、サークルの活動に充てられます。



ゴルフの多様性

こんにちは!佐田です。

さてさて、今回はちょっと抽象的なテーマになりますが、宜しくお付き合いください。

私はかつて仕事で何度か部下をかかえるポジションを経験した事があります。良いことも悪いこともありましたが、一つ悔いがあります。それは『自分と相手の違いを認めることができなかった』事です。

人間は十人十色。

みんな違って、みんないい部分と悪い部分があります。しかし、その違いは周りが認めて初めて価値を持つのです。認められなければ、それは大変な孤独感や悲しみ、怒りになります。

私は、部下に対して、認めることができなかった。だから、今のゴルフを良くする活動においては、違いを認めたいと思うのです。

ゴルフに対する考え方も姿勢も、やはり十人十色。

私は、どんなゴルフのスタイルも受け入れたいと思っています。真剣に結果を追求するゴルフも仲間とワイワイやるゴルフも、ビジネス絡みのゴルフも、みんな違って、みんないい。

今、そんな風に思えてきました。

何故ゴルフを若い人はやらないのか?

こんにちは!佐田です。

今回のテーマは、若者のゴルフプレー率の低さについて。相変わらずこの問題について叫ばれて久しいのですが、未だに事態は解決せず、いい加減業界はピンチです。

色々業界では策を講じていますが、成果は出ていません。この状況を見て、もはや原因のアプローチを間違えているのでは無いかと思ってしまいます。

過去の分析

ゴルフ界の、若者ゴルフ離れ問題の原因は、金が無い、とか、面白く無い、とか、車が無い、でした。しかし、それはあくまで言い訳であり、本心ではないのではないか、と思っているのです。

では…?

そしたら何が原因か。
こうなったら、もう『やる意味が無いから』じゃないかと思うわけです。

昔、スノボとゴルフを比較した事があります。値段の比較でしたが、別に遜色ない…というネタでしたが、私は大きな勘違いをしていました。
若者には、スノボをやる意味があるのです。つまり、若い男女が仲良くなる絶好のチャンスなわけです。

対してゴルフは、社会人になれば、付き合いでやらざるを得ない事もしばしばです。しかし、自発的にやりたい理由は見当たらない。昔は先輩の強制力もあったり、接待ゴルフが盛んだったので、ゴルフ人口が増えていましたが、今の世の中では、ゴルフをやる理由付けをしなければいけないと思います。

結局…

私達ゴルフ業界人は、世の中一般の若者を理解してなかっただけじゃないのか、と。業界のリーダークラスの人が気づいてアクションしたら、一気に世の中変わると思いますが、ちょっと期待しづらいのが本音だったりします。

☆このブログの広告収入は、サークル活動に充てられます。