日本一簡単なゴルフルール解説004「用語の定義」

こんにちは!佐田です。

今回皆さんにお伝えするのは、ちょっとマニアックな内容かもしれません。その名も、「用語の定義」。ゴルフには様々な用語がありますが、これをゴルフルールでは定義しています。もしかすると、私たちが日々使っているゴルフ用語、実は間違って認識してしまっているものもあるのではないでしょうか?

そこで、比較的良く使う用語で、特にゴルフルールにて定義されている用語をピックアップしてみましたので、ぜひ確認をしてみてくださいね!

①アドバイス

「アドバイス」とは、プレーヤーの(a)プレー上の決断や、(b)クラブの選択、(c)ストロークの方法に影響を与えるような助言や示唆をいう。規則や、距離、周知のこと(例えばハザードの位置や、パッティンググリーン上の旗竿の位置など)についての情報は、アドバイスではない。[ゴルフ規則より抜粋]

基本的にゴルフのプレー中にアドバイスを受けることは禁止されています。周知のことはアドバイスではありません。少し難しいのが、ショット時に使用したクラブの番手情報です。かつて使用した番手を教えることも、聞くこともアドバイスに抵触するとされてきましたが、使用した番手を「周知のこと」として扱う場合も増えており、判断の分かれるところではあります。とはいえ、アドバイスと見なされる場合もありますので、試合では慎重に対処したいところです。

②球にアドレス

プレーヤーはスタンスをとっていたかどうかにかかわらず、球の直前、または直後の地面にクラブを置いた時にそのプレーヤーは「球にアドレス」したことになる。[ゴルフ規則より抜粋]

これは少し驚きです。球の直前、直後、どちらの地面にクラブを置いてもアドレスしたことになるのです。ボールの前にソールするシーンは現在ほとんど見かけませんが、用語の定義として、これもアドレスとなるようです。

③キャディー

「キャディー」とは規則にしたがってプレーヤーを助ける人をいい、「助ける」にはプレー中にプレーヤーのクラブを運んだりクラブを扱ったりすることを含む。1人のキャディーが複数のプレーヤーによって雇われている場合、そのキャディーを共用しているプレーヤーの球(またはそのプレーヤーのパートナーの球)が関連しているときは常にそのプレーヤーのキャディーとみなされ、そのキャディーの持ち運んでいる携帯品はすべてそのプレーヤーの携帯品とみなされる。ただし、そのキャディーがそのキャディーを共用している他のプレーヤー(または他のプレーヤーのパートナー)の特定の指示にしたがって行動していたときは、例外として、指示を与えたプレーヤーのキャディーとして扱われる。[ゴルフ規則より抜粋]

これは文章を読むと少し難しいですが、大事な部分は、キャディーの携帯品はプレーヤーの携帯品としてみなされる、ということです。また、キャディーは唯一プレーヤーにアドバイスができる存在でもあるのです。

④ホールに入る

球がホール内に止まり、球全体がホールのふちよりも下にあるとき、その球は「ホールに入った」という。[ゴルフ規則より抜粋]

ボールがカップインする、という状況の定義になります。ホールのふちよりもボール「全体」が下にあって初めてホールインと呼べるのです。つまり、ボールがフラッグとふちで引っかかって完全に落ちていない場合、これはまだホールインしているとは呼ばないわけです。フラッグを抜き、ボールが完全にカップに落ちて初めてホールインの扱いになります。

 

みなさん、いかがだったでしょうか。間違って覚えていた用語はありませんでしたか?また、何となく考えていた用語も、明確な基準が分かると、さらにルールの判断が正確になるのではないかと思います。

みなさんもルールを正しく理解し、楽しいラウンドを心がけましょう!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です