ピンフラッグってどうするの?

こんにちは、佐田です!

今回はタイトルの通り、ピンフラッグに関する内容です。そもそも、ピンフラッグをみなさんは何と呼びますか?ピン?竿?旗?

まあ、どの呼び方でも私はいいと思っていますが(正式名称はピンフラッグですが)、呼び方どうこうよりも、大事なことがあります。それは、パッティングの際にピンフラッグを抜いて、どうしたらいいか、です。

何となくその辺に置いていませんか?ピンフラッグを置く場所にはある程度法則性と、暗黙の了解がありますので、今回は皆さんにそれを覚えて頂こうと思います。ちなみに私はこういったことを感覚的にやっていますが、それでも客観的に見ると説明ができるんですねー。

 

それでは、まずピンフラッグを置く際に最優先で考えなければいけないことを決めておきます。それはずばり「プレーヤーがパットしたボールがピンフラッグに当たらないようにする」ということです。パッティングしたボールが置いたピンフラッグに当たった場合ペナルティとなります。ですので、必ずピンフラッグにボールが絶対当たらない位置に置かなければいけません。

そこで1つ目に気を付けることは、カップ周辺に置かないことです。カップ周辺は当然みんなが狙います。なので、少なくともカップから5m以上は離れた位置にフラッグを置きます。まあ、カップのすぐそばに置く人はあまりいないように思いますが、実は何度かカップのすぐそばにピンフラッグを置いた人が過去にいたので、あえてちゃんと書いておきたいと思います。

そして2つ目は、低い位置にピンフラッグを置かない、ということです。これはどういうことかというと、グリーンに高い場所と低い場所がある場合、カップより低い側にピンフラッグを置かない、ということです。パッティングをした際、ボールは当然低いほうに転がっていきます。カップより低い側は、意図せず大きくオーバーしてしまう場合があるのです。その際、ボールがピンフラッグに当たってしまう場合がありますので、必ずカップより高い位置に置くようにします。

そして最後に気を付けることは、できるだけグリーン外に置く、ということです。グリーン上よりは当然グリーン外の方がベターです。もちろん、前述の2点を踏まえると、グリーンの外側がかなり遠くなる場合がありますので、その際はグリーン内に置いてもOKです。これはあくまで予備的な内容で、グリーン外だとさらに確実、といった程度のことです。

 

さて、いかがだったでしょうか?あなたのピンフラッグを置く位置は、間違っていませんでしたか?もしちょっと不安になった方は、次のラウンドで是非一度確認してみましょう!

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です