試用インプレッション!ESTIVANT「サムライ」

こんにちは!佐田です。

いやー、すっかり春ですね。私、先日ゴルフに行ってきました。その際、以前ゴルフフェアで発見したグッズを色々試してみようと思い、ラウンドに向けて色々準備をしてみました。おかげで大変な荷物になってしまいまして…。私普段ゴルフの際の荷物は最低限に抑えたい人なので、それだけでちょっぴりストレスでしたが、楽しみが勝ったので。

そんな中で最も楽しみだったのが、タイトルにもあるESTIVANTの「サムライ」。ゴルフフェアで発見したのですが、ESTIVANTからついにボールが出た、ということで入手。ドライバーは以前試して、かなりのポテンシャルを感じましたが、こちらのボールはどうなのか?ということで早速試してみたわけです!

それでは、早速試した結果についてお伝えしていきましょう!

①『ドライバーショット』

まず、ドライバーでのティーショット。1発目は、なんと…チーピンが出て左OB。いきなりボールを無くすという悲しい結果に。ただ、その1球を打って、ビックリしました。打った感触はとても柔らかく、フェースとの接地時間がとても長く感じたのです。ESTIVANTと言えばドラコン。なので勝手に弾くイメージを持っていましたが、この「サムライ」は吸い付くような手ごたえが特徴的でした。

その後も打っていて感じたのですが、接地時間が長いためかとてもボールが捕まります。全体的に左に飛ぶ割合が多かったので、スライスが悩みの方にはオススメできるでしょう。また、ESTIVANTドライバーも捕まりがいいので、このあたりの相性はバツグンかもしれませんね。ちなみに私は逆にボールが捕まるタイプなので、逆に捕まりすぎて少し逃がすくらいでちょうどよかった感じでした。

そして、もう一つ感じたのがスピン量の少なさです。ドライバーショットについてはスピン量が総じて少なく、風にも強い印象がありました。こちらも、スピン量が多く飛ばないゴルファーには強い武器になりそうです。ただ、ロースピンボールにありがちなスピン量の不安定さは感じませんでした。しかし、私自身はどちらかというとバックスピン量が少ないタイプなので、そういうタイプの方はドロップして飛ばないケースもありますので注意が必要です。

これらの結果から、飛距離や方向性に悩むアマチュアゴルファーにはかなりオススメのボールと言えそうです。一方、捕まるタイプ、ロースピンタイプの方は使用に注意が必要かもしれません。

②『アイアンショット』

セカンドショットでのアイアンでのショットは、やはり全体的に柔らかい打感がとにかく印象的でした。ドライバー同様やや捕まりが強い感じはあります。オフセンターヒットでの不快感が少なく、ストレスの少ないゴルフができそうです。また、ショートアイアンでのフルショットでは十分なスピン量が出ます。この辺りはT社やD社の最高級モデルのボールにも引けを取らない性能を感じました。

一方、スピン量が多いのは芯でとらえた時で、芯を外した時とのスピン量や飛距離の差が大きいところがあります。特にPWやSWなどでのフルショット使用時は距離のバラツキに注意が必要です。

前評判では、アイアンの飛距離が伸びた、という話も聞きましたが、私個人に関してはそれほど伸びた印象はありませんでした。ただ、オフセンターヒットの際の飛距離落ちが少なかったのは良かったと思います。

アイアンショットについては全体として高いパフォーマンスが期待できそうです。

③『アプローチ・パット』

ショートゲームの方はどうかというと、やはり打感の柔らかさがとても印象的です。アプローチのスピン量についても高級スピン系ボールと同等の性能と言えると思います。また、接地時間が長く感じるので細かいコントロールもしやすく、上級者も納得の使用感が得られるのではないでしょうか。また、柔らかい打感は自然と力みを抜いてくれるので、アプローチでついついパンチが入ってしまう方などにはオススメですね。

アプローチに関していうと、穴は感じられず、かなりハイレベルな性能を持っていると評価できます。

そしてパットも柔らかい打感が特徴。O社のようにフェース素材が柔らかいものよりは軟鉄やステンレスの硬めの素材との相性がいいと思われます。また、ボールの転がり出しはとてもスムーズでした。

ラインに乗せるパット、逆にしっかり打つパットどちらにも安心感があり、柔らかいボールにありがちな打ち切れない感はありませんでした。

また、繰り返し他のボールも含めパッティングをしていてちょっと感じた部分ではありますが、比較すると少し芝目の影響を受けやすいボールかもしれないな、と感じました。本当に気持ち程度ですが、カップ周りの強い芝目でボールがヨレるような感覚がありました。この辺についてはもっと使用して現場での状況を見極めたいですね!

④『総評』

このように一通り書いていきましたが、まず結論からいうと「とてもコスパの良いボール」ということです。確かゴルフフェアで見た際は販売予定価格が5000円くらいだったと記憶していますが、全体の性能は1スリーブ1500円のボールと全く変わらないものだと思っています。それがもう少し安い価格で手に入るというわけで、すごくお得ですね。

細かいところで言うと、アライメントの線が太く、そのあたりの構えやすさはありました。個人的には好きですね!

ただ、一方でドライバーのボールの挙動や特徴がハッキリしているため、使用して苦労する方も一部いらっしゃるかもしれません。自分のスタイルや特徴をしっかり踏まえてボール選びをする必要がありますね。

今回使った「サムライ」はそういう意味でハッキリとした特徴を持ったボールと言えます。皆さんも是非こちらを参考に、実際に試してみてはいかがでしょうか?




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です